SemaltがGoogle Analyticsのアンチスパム対策について語る

Googleアナリティクスを扱うとき、本当にやりたいことの1つは、データに完全に集中することです。残念ながら、迷惑メールとの遭遇は常に迷惑でいらいらし、イライラさせられます。 Google Analyticsのスパムは非常に論争の的となっている問題なので、この記事では同じことを説明しています。

過去2年間で、Googleトレンドは、Googleアナリティクススパムの検索数とそれを克服する方法の大幅な増加を示しています。スパムとは基本的に、スパイダーやボットが参照レポートで生成した偽の参照トラフィックを指し、代わりにGoogleアナリティクスデータレポートを歪めます。したがって、 SemaltのエキスパートであるArtem Abgarianは、この紹介スパムを排除する方法に関する重要な情報を伝えます。

まず、メインと代替のウェブサイトドメインから主にアクセスされるGoogle Analyticsトラッキングコードのすべてのソースを定義する必要があります。私たちは通常、正規表現を使用してドメインを定義します。これは、適用するための技術者ではありません。それらは、各ドメインをパイプ(|)で区切っている間に、完全に停止する前にバックスラッシュ(\)で各ドメインを入力するだけです。さらに、ドメイン内またはドメイン間にスペースがないことを確認してください。ドメインへのトラフィックのソースを定義したら、フィルターを使用して、偽のWebサイトから発生するすべてのスパンデータをクリーンアップできます。フィルター設定は、「管理」に移動し、「フィルター」、「フィルターの追加」の順にクリックし、フィルターの種類を「カスタム」として選択し、「含める」オプションのアクションを確認してアクティブ化できます。最後に、「保存」をクリックします。 'ボタンをクリックして、変更を適用して保存します。

一部のスパムデータは、指定または定義されたドメイン名内のクローラーの助けを借りてフィルターを通過できます。この場合、カスタムフィルターを使用して、既知のすべてのスパムデータソースを除外します。さらに積極的に、すべてのデータソースを明らかにする集客レポートを使用してデータをスキャンおよび評価することもできます。このアプローチでは、レポートを整理するだけでなく、レポートに連絡して理解することもできます。このステップを有効にするには、[集客]の下をクリックして[ソース/メディア]レポートに移動します。すべてのデータソースを調べてスパムを見つけたら、前述のように、データからスパムソースを除外するコマンドを使用してカスタムフィルターを作成します。また、各カスタムフィルターの正規表現は最大255文字を超えてはなりません。つまり、複数のフィルターが複数のスパムソースを制限する必要があります。

第三に、あなたのレポートから偽のコード化された言語を取り除くために抜け目がないようにしてください。通常、コード化された言語は約5文字です。偽のコード化された言語には、完全なストップなどの文字を含むより多くがあります。この場合、。{13、} | \などの正規表現。フルストップを含む13文字以上のコード化言語を除外するカスタムフィルターを作成するために使用されます。

最後に重要なことですが、既知のボットまたはスパイダートラフィックに関するレポートを制限するBOTフィルタリングを有効にして、Google Analyticsスパムを削除する必要があります。これを設定するには、[管理]に移動し、[設定の表示]を選択して、[ボットフィルタリング]オプションをクリックしてオンにします。これらの対策は、Googleが恒久的な解決策を提示する前のフラストレーションを回避します。